1. HOME
  2. センター機器利用方法
  3. 利用上の注意・時間外利用

利用上の注意・時間外利用

利用上の注意

  1. センターの利用時間は原則として平日の9時から16時半です。
  2. センターの機器室および実験室は喫煙・飲食禁止です。吸殻、飲食物等のゴミは持ち込まない、捨てない。煙草の煙・灰は精密機器の性能に影響します。室内の清潔化によって精密機器を保護し、利用者の健康被害も防止します。
  3. センターは土足厳禁となりますので、備え付けの上履きに履き替えてください。
  4. 試薬瓶、実験器具、装置等は薬品等で汚染されている場合があります。飲食前に必ず手を洗いましょう。
  5. センターの機器を利用するには、管理者の許可が必要です。許可なく利用して問題を起こした場合は、故意・過失をみなされ、研究室での賠償等が必要になります。(利用細則 第14条)

安全衛生・防災上の注意

機器分析評価センターにおいて、有機溶剤や可燃性試薬などを使用する場合は、下記の手引を読んでから使用してください。
  • 労働安全衛生法(特定化学物質障害予防規則、有機溶剤中毒予防規則など)、消防法、毒劇物取締法などが関係します。
また、機器分析評価センターでは毎年利用者説明会を行っています。受講できなかった利用者は、下記の資料を参考にしてください。

時間外利用

センターのご利用は、平日の9 時から 16 時半の時間内でのみ機器分析評価センター技術職員の支援を受けることができます。

また、各設置機器が指定する時間以外の時間帯で利用する場合には、時間外利用申請書を提出する必要があります。
 

  • 時間外利用申請書PDF版
  • 時間外利用申請書を作成したら、指導教員の許可を受けた上で、当センターに提出してください。
  • 機器指定時間とは予約可能時間であり、大学連携研究設備ネットワークにてマシンタイムとして機器毎に設定されています。
  • 予約可能時間での利用に際しては、土日利用でも時間外申請書を提出する必要はありません。
  • メール申請の場合は、当センターの代表アドレスをご利用いただけます(このページでは非公開ですので、アドレスが不明な場合はお問い合わせください)。
  • 書類の提出は、センターの利用時間内(平日の9時~16時半)に行ってください。装置の不具合、災害等の緊急の場合を除き、事後にならないようにしてください。

 

なお、学外利用者は平日9時~16時半以外の利用が認められていません。それ以外の時間帯につきましては、機器管理者にご相談ください。