1. HOME
  2. センター機器・講習検索
  3. 機器一覧
  4. ICP発光分光分析装置 : ICPE-9000

ICP発光分光分析装置 : ICPE-9000

  • 機器名

    誘導結合プラズマ発光分光分析装置 (ICP-AES, ICP-OES)

  • メーカー

    島津製作所

  • 型式

    ICPE-9000

  • 利用目的

    元素分析 (溶液、無機元素)

  • 担当

    髙梨、伊澤

  • 連絡先

    お問い合わせフォームより連絡

概要

霧状にした試料を、円筒状のプラズマに導入することで、原子固有の波長の発光(スペクトル線)から元素の定性・定量をする分析法です。

  • 液体試料の元素を測定する類似の装置に原子吸光法ICP-MSがあり、特徴は以下の通りです。
    • 原子吸光法:ルーチン的な操作では扱いやすい。ppbオーダー。元素に応じた光源が必要。
    • ICP-AES (ICP-OES):主成分の測定に対して比較的万能。ppbオーダー。
    • ICP-MS:微量成分の測定向き。pptオーダー。ppmオーダーの高濃度マトリクスは不可。
  • ICP-AESは、分光のために回折格子を使用していますが、それらを駆動させて測定するシーケンシャルタイプと、駆動させずに一度に検出するマルチタイプがあります。前者は分解能と感度が良いですが、測定時間が長いという欠点があります。本装置は多元素の同時分析に向いているマルチタイプ装置となっています。
  • 干渉量を自動診断できるデータベースとソフトウェアを備えるため、多元素干渉試料でも初心者が比較的簡単に測定することができます。

仕様

試料
  • フッ酸を使用して試料を溶かした後にフッ酸を除去した試料など、フッ酸を含む可能性のあるものは測定前にあらかじめご相談ください。状況によってはトーチを購入いただき、都度そのトーチに交換して使用いただく場合があります。また明らかにフッ酸を含む試料は測定いただけません。
  • 有機溶媒を含むものは測定できません。
  • 測定できる元素濃度の目安は元素によって異なりますが 0.1 ppm から 100 ppm ほどです。
プラズマ光源部

観測方向:軸方向(標準)、水平方向(高濃度用)
トーチ:ミニトーチ、高塩用トーチ

試料導入部

オートサンプラーを使用可

データ処理部

1データファイル 最大300試料
定性分析 (内蔵データベースを用いた分析)
定量分析 (検量線法/標準添加法)
補正法: BG補正、元素間補正、内標準補正、ドリフト補正、秤量・希釈補正
 

講習

自己測定でご利用いただくには、利用講習の受講が必要となります。

申請方法について

お問い合わせフォームより担当者に申請ください。その際、ICP-AESの紹介ページに目を通したことも併せてご連絡ください。日程等を調整のうえ講習を行います。

複数名での講習は最大3名まで可能ですが、感染予防のため、同室にある他の装置の利用を押さえて講習を行う必要があり、負荷の大きいものとなりますので、重大な事情がない限りは申請しないようにしてください。

講習内容について

講習はお持ちいただいた試料を測定しながら行い、2時間程度となります。

講習には、以下のものをお持ちください。

  • ICP-AES操作手順書
  • 測定試料(試料の必要量は、おおむね 7 ml です。)
  • ブランク試料を含む検量線試料
  • 廃液を持ち帰るための容器
  • データを持ち帰るためのUSBメモリー(装置に直接は差し込めません)

操作手順書は下記よりpdfをダウンロードできます。