1. HOME
  2. センター機器利用方法
  3. 【学外】機器利用方法

【学外】機器利用方法

機器分析評価センターの設置機器の利用方法は・・・、

利用者自身が測定を行う 自己測定 と、
機器管理者が測定を行う 依頼測定 があります。
また、技術相談も受け付けています。

『学外から自己測定を行う』には、必ず大学連携研究設備ネットワーク(大学連携NW)をご利用いただく必要があります。大学連携NWシステムにおいて、自己測定は相互利用という名称になっていますが、目的と内容は同じです。
『学外からの依頼測定』は、大学連携NWを通す手順と通さない手順があり、手数料や作成する書類などが若干異なります。

大学連携NWには当センターのすべての機器が登録されているわけではありませんので、当ホームページの設置機器一覧もご利用ください。

当センターの機器は、本学の産学・地域連携課が受け付けている共同研究/受託研究によっても利用される場合があります。共同研究/受託研究については、横浜国立大学 共同研究のご相談をご覧ください。

自己測定(相互利用) 学外向け

自己測定を申し込む場合、大学連携NWを通して行う必要があります。

自己測定を行う前に必要な手順

  1. 機器管理者に連絡を取ります。当センターへのお問い合わせ、または大学連携NWの「管理者にメール」から連絡できます。
  2. 大学連携NWのアカウントを取得します。詳しくはサイドメニューのリンクにございます。
  3. 当センターの利用申請様式B01]を行います。前項の完了前でも申請できます。
  4. 必要に応じて講習会または試験を受けます。
    • 講習または試験の実施方法および予約方法は、機器によって異なります。詳しくは、機器管理者にご確認ください。
    • 講習や試験を受けるには、2項で作成した、大学連携NWのアカウントが必要になることがあります。
  5. 機器管理者から利用資格の承認を受けます。

日常的に自己測定を行う手順

  1. 大学連携NWにて機器を検索し、予約を登録します。
    • 予約承認が必要と設定されている機器は、機器管理者がシステムから承認をします。ただし、機器によっては未承認のまま利用を行い、承認登録が後日になる場合もあります。詳しくは機器管理者に利用手順をご相談ください。
  2. 予約した時間に機器を利用します。
  3. 使用後(または終了直前)に大幅な予約の差異があった場合は、大学連携NWにログインして予約の訂正を行います。
    • キャンセル料が設定されている場合は、訂正ができないことがあります。
    • 大学連携NWの利用報告の機能がONになっている機器は、当日までに利用報告の登録により対応することもできます。
  4. 一定期間後にシステムから利用完了の処理がされます。その後に確定処理がされますと、料金の精算手続きに移り、請求書が発行されます。
    • 確定処理は、四半期ごとに行っています。年度末の精算処理につきましては、問題があれば予めご相談ください。

依頼測定 学外向け

依頼測定は、大学連携NWを通して依頼する場合と、通さない場合(分析依頼事業)があり、利用者が選択することができます。
  • 『分析依頼』は、当センターが独自に行っている事業です。本事業の目的につきましては、こちらに資料があります。
    • 分析依頼の場合、依頼申込書[様式B03]に記載されている約款にしたがって受け入れます。約款には秘密保持条項が含まれますので、約款とは異なる内容の秘密保持契約を交わすことはできません。
    •  
  • 『大学連携NW』は分子科学研究所が運営している事業であり、当センターも参画しています。
    • 大学連携NWを利用するには、予め分子科学研究所に依頼して、利用機関登録を済ませておく必要があります。大学だけでなく、企業でも利用者登録が可能です。
    • 大学連携NWを通して「当分析センターの機器を利用する場合」は、別途の利用者登録[様式B01]が必要です。分析依頼の場合は、この書類の対象ではないので不要です。
    • 大学連携NWでは、個別に秘密保持契約を交わすことができますが、作成にやや時間がかかります。
    • 大学連携NWは、請求書の発行がシステムの処理手順にしたがって対応されます。システムが優先されますので、期日などについて柔軟な対応ができないことがあります。

大学連携研究設備ネットワークを通して依頼する手順

大学連携NWを通して依頼測定を申し込む場合は、以下の手順にて行います。

お申込みいただく研究室等の責任者は、大学連携NWのアカウント登録だけでなく、本学分子科学研究所ではありません。)の利用者登録が別途必要ですので、まだされていない場合は申請書[様式B01]を提出してください。利用者登録の有効期限は1年度となり、継続申請がなければ3月末に失効します。

 

  1. お問い合わせ
    機器管理者に連絡を取り、技術相談を依頼します。当センターのお問い合わせ、または大学連携NWの相談窓口から連絡できます。
  2. 申込書の提出
    大学連携NW用の依頼申込書[様式B04]に記入し、機器管理者に提出します。

    事前にメールにて内容を送信するとお手続きが早くなります。ただし、依頼申込書は請求書作成に必要な契約書類となりますので、原本の提出も必須となります。2020年度より大学連携NWについては原本不要となりました。
    大学連携NWには予め料金が設定されています。お見積書は作成しておりませんが、依頼があれば対応可能です。
  3. 大学連携NWの設定
    大学連携NWにログインし、依頼測定の登録を行います。ここで前項の申込書を添付することもできますが、秘密情報の取扱いは自己責任ですのでご注意ください。
     
    大学連携NWのアカウントがなければ取得します。詳しくはサイドメニューのリンクにございます。
  4. 測定の予約
    機器管理者は装置の予約を行います。
  5. 測定の実施
    分析を実施します。機器管理者から測定の立会いを求められた場合は、当日に測定に立ち合います。

    必要に応じてデータを受け取ります。機器管理者は、規定の報告書を作成することもあります。受け取り方法は管理者に確認してください。
  6. 完了処理
    機器管理者は、実施内容に応じて料金の完了処理を行います。
    完了処理は大学連携NWシステム内にて行われます。依頼者は必ずその内容を確認し、不備があれば、直ちに(確定処理の前に)機器管理者に連絡してください。
  7. 請求書発行
    システムの確定処理がされますと、料金の精算手続きに移り、請求書が発行されます。確定処理は、四半期ごとに行っています。年度末の精算処理につきましては、問題があれば予めご相談ください。

大学連携研究設備ネットワークを通さずに依頼する手順

大学連携NWを通さずに依頼する場合(分析依頼事業)は、以下のような手順にて行います。
 

  1. お問い合わせ
    機器管理者に連絡を取り、技術相談を依頼します。当センターのお問い合わせ、または大学連携NWの相談窓口から連絡できます。
  2. 申込書の提出
    分析依頼申込書[様式B03]に必要事項を記入し、機器管理者に提出します。

    事前にメールにて内容を送信するとお手続きが早くなります。ただし、依頼申込書は請求書作成に必要な書類となりますので、原本の提出も必須となります。
  3. 分析プラン等の決定
    分析内容や日程、料金、受入の可否等について連絡を取り合いながら検討いたします。お見積の作成も可能です。
  4. 分析の実施
    分析を実施します。機器管理者から測定の立会いを求められた場合は、当日に測定に立ち合います。

    必要に応じてデータを受け取ります。機器管理者は、規定の報告書を作成することもあります。受け取り方法は管理者に確認してください。
  5. 請求書発行
    原則として後払い請求となります。本学の請求書が発行されますので、指定の銀行口座にお振り込みください。

利用料金

学外利用の料金は、大学等研究機関とその他として分けられています。どちらに該当するか不明な場合は、お問い合わせ窓口までお願いします。

お支払いに関するよくあるお問い合わせ

  • 大学連携NWを通さずに依頼した場合、料金に5%の手数料が加算されます。それ以外は手続きによる料金設定に差異はありません。
  • お振込みの期限は、本学の規則により請求書発行から20日間までとなっております。対応が難しい場合は、申込時にご相談ください。
  • 依頼者のご都合によりキャンセルされた場合、測定料金の見込額を限度として、発生した費用をお支払いいただくことがあります。また、設備の不測の故障や天災などの止むを得ない事情により、本学側が測定を中止した場合、互いに費用負担は発生いたしません。

その他

成果報告について

当センターのご利用に伴って得られた成果の取扱いについては、ご質問がございましたら、まずこちらのページをご参照ください。