センター利用方法

本センターは、学内の方と、大学連携ネットワークの参画大学、その他の学外の方にご利用いただけます。利用方法の概略図を以下に示します。

横浜国立大学 機器分析評価センター 学内研究室 依頼測定 / 自己測定 学外利用者(民間企業等) 依頼測定 / 自己測定(相互利用) 大学連携NWの参画大学 大学連携NW

学外向け

学外の方も、機器分析評価センターに設置している一部の機器を次の方法でご利用いただけます。

分析依頼申込書によって分析を申し込む方法
多くの機器が対応しており、民間企業の方からも受け付けています。効率的手続きのため、申込書には約款が記されています。お申し込みの手順等、詳しくは下の項目をご覧ください。
大学連携研究設備ネットワークから依頼測定を申し込む方法
大学連携研究設備ネットワークは各大学が所有する研究設備の相互利用・共同利用を推進する事業で、本学も一部の機器で参画しており本センターではこの事業に参画している大学からの相互利用・依頼測定を受け付けています。本ネットワークの利用方法については、大学連携研究設備ネットワークの利用方法のページをご覧ください。その他の詳細はお問合せください。

本センターの機器は、本学の産学連携課が受け付けている共同研究/受託研究によっても利用される場合があります。共同研究/受託研究については、横浜国立大学 共同研究のご相談をご覧ください。

分析依頼申込書による分析

分析依頼は、通常つぎのような流れで進行します。

1. お問い合わせ

目的の分析が本センターで対応できるか、どのような対応となるかなどをご相談・お問い合わせください。

2. 申込書の提出

分析依頼申込書に必要事項を記入し、事務室あてにご提出ください。

3. 分析プラン等の決定

分析内容や日程、料金、受入の可否等について連絡を取り合いながら検討いたします。

4. 分析の実施

分析を実施します。原則として依頼者のお立会いが必要ですが、不要となる場合もあります。

5. 請求手続

原則として後払い請求となります。本学の請求書が発行されますので、指定の銀行口座にお振り込みください。


よくあるお問い合わせの回答等

  • 秘密保持契約等は、分析依頼申込書の約款に記載されています。
  • 分析結果の保証責任は負わない契約となっております。分析結果を保証する本学の証明書等は発行いたしません。
  • 装置の貸出は、現在のところ本事業では行っておりません。分析に関する機器の操作は、各担当者が行います。
  • お振込みの期限は、本学の規則により請求書発行から20日間までとなっております。対応が難しい場合は、申込時にご相談ください。
  • 依頼者のご都合によりキャンセルされた場合、分析料金を限度として、発生した費用をお支払いいただくことがあります。

その他

学外分析依頼に関する規定、書式等を平成26年4月から改定しました。

横浜国立大学 機器分析評価センター / RI教育研究施設

〒240-8501 神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79-5